【PG】史上最難関のビーチを攻略?! しんぺいのフィリピン留学サポート日記 vol. 90

【フィリピン南国リゾート留学☆しんぺいからのプエルトガレラ新情報!】

今日はハリギビーチ(Haligi beach)へ行ってきました。

 

場所は

半島を挟んでサンドバーの反対側です。

この半島にはサンドバーから先に進む道は無いと思っていたのであまり関心が無かったハリギビーチ。

 

でも、「道がある」との情報を得たしんぺい。

道さえあればどこへでも。しんぺいのモットーです。

 

拡大図で場所の再確認

半島を挟んでサンドバーの反対側。距離にして約1km

道はかなり狭い悪路との情報。

悪路だろうが何だろうが道さえあれば十分です。

ということでスタートは浜辺の両側が海という奇跡の景色が見られるサンドバー

ここのレストランのスタッフにハリギビーチまでの道を確認してみました。

反応は非常に冷ややかで

この日本人は本気で歩いて行くつもりなのか?

と、笑いを通り越して呆れ顔。

 

それでも聞いた道を頼りに出発しました。

 

レストランの左側を通過(写真の左側の道を進みます)

 

茶色の建物と白いテントの間の道(右側の道)に入り

 

通り抜けたら

 

右側のフェンス沿いを奥に進みます

 

海岸に出たところでおばちゃんに再確認

ここでも呆れ顔で対応され、息子に案内させるから100ペソ(210円)払えといつものパターン。

もちろん返事はNO!!!

自力で行くから意味があるのです。

 

海岸線に沿って少し進むと

 

少し広めの獣道

 

さらに進むと舗装された階段が出現

 

ゲートの閉まっていない方を登っていくと

 

道は狭くなり

 

情報通りの獣道になりました

 

三差路では、まともそうな右の道(踏み固められているように見えたので通行人が多い?)を選択。

 

上水道用のホースがあるってことはこの先にビーチがあるはず!

と勝手に判断しホースを辿って進んで行くと

 

 

あろうことか別のビーチ到着

正確にいうとフライデービーチが見える山の上に到着してしまいました。

 

地図で見ると全然違う方向

赤線はしんぺいが思い描いていたハリギビーチまでの予想経路。

実は途中から何か方向が違うかも?って気はしていましたが、引くに引けない感じで・・・

もう引き返すしか手はないので来た道を戻ります。

 

 

来るときに選択を間違えた三差路まで戻って今度は左に

 

ここからが不幸の始まりでした。

 

道と呼べるような道は無くなり

携帯のGPSを頼りに方向だけを確認しながら進みますが、進めども進めどもビーチに辿り着かないばかりか、道と呼べるようなものも無くなり、もはやジャングルを彷徨う敗走兵さながら

 

ついには伐採されて開墾された開けた土地に出てしまいました。

 

これは無理だと今回のミッションを諦めて来た道かどうかも分からない道を戻ります

 

自分がどこをどうやって歩いたのかも分からないまま戻ります

 

すると今までとは少し感じの違う獣道を発見!

これは獣ではなく人の通った跡です!

最後の気力を振り絞って進むと

ヘビ!!!!!

の死骸ですが、まだフレッシュなのか今にも動き出しそうな死骸でした。

 

更に進むと

 

 

待望のビーチが見えてきました!!!

 

当初の予定では30分でビーチに到着できるつもりが2時間半。

何はともあれ無事に到着です。

 

道順は

全く把握できておりません。

 

しかし、

 

見てください!

 

このビーチ!

綺麗すぎる

そして貸し切り!

 

 

ではありません

大人気スポットです!

ビーチに泊まっているボートのほかに、沖にもビーチにお客さんを下したあとの客待ちボートがたくさん!

 

それでも昼を過ぎると一気に人気は無くなりました

しかし綺麗です。

綺麗すぎる!!

透明度の高い浅瀬にサンゴがビッシリ!

魚もたくさん泳いでいました。

浅いのでサンゴや魚が近くで見られる最高のシュノーケリングポイントです

 

カメラさえ壊れていなければ・・・・

悔しい!!!!!

 

ビーチの右側の岩を超えたところ(距離にして約100M先)にもビーチがあります。

陸路があるのかは分かりませんが、そのビーチにはお客さんは一人もいませんでした。

海岸際の浅瀬までサンゴがあってボートが入れない感じでしたが、ハリギビーチから泳いで行けました。

静かなビーチをお好みの方はお隣も挑戦してみてください。

 

ビーチにはローカルテイストのレストランもあります。

中はこんな感じです

 

でも、しんぺいにはこれがあります。

お弁当です。

今日はレバーのニンニク炒めと完熟マンゴーです。

レバーがこんなに美味しく感じたのは初めてです。

 

 

ビーチとサンゴを十分に堪能した後は、またジャングルに逆戻りです。

 

来た道、来た道と戻っていくと

 

今度は予想していなかった方向の海に出てしまいました。

どこで道を間違えたのか・・・分かりませんが

紫の矢印のところです。

 

ここまで来れば海岸伝いに歩くしかありません。

一応、道があるので進みます

 

そして無事サンドバーに帰還。

 

行きも帰りもタフな道中でした。

 

 

ルートのおさらい

行きに通った東側(右)ルートと帰りに通った西側(左)ルートがあることが分かりました。

 

東側ルートは行きに茶色の建物と白いテントの間の右の道を行きますが

西側ルートは海岸伝いに歩きます。(写真の左端)

 

この道(というか岸壁と塀の間)

 

道が無くなってもこの岸壁の上を歩きます。

 

岸壁が途切れた後はこの右側の凸凹道を進んで行きます。

(左側の道に見えるところは砂浜で潮が引いた状態。ここは2車線になっている訳ではありません。ちなみに左側の木はマングローブですが満潮のとき潮がどこまで上がるのかは・・・です)

 

するとビーチに出ます。

この写真の右端に陸路(ジャングル)への入り口があります。

 

分かります?

この右側を行くと大冒険の始まり!!

 

 

徒歩で頑張りたい方にはこの西側ルートをお薦めします。

冒険心旺盛な方には東側ルートを。

そして常識のある方にはボートでの移動を強く強くお薦め致します。

(たぶんサンドバーからボートで5分。あっという間に到着です)

 

 

色々なハプニングがありましたがハリギビーチは超お薦めです!!

シュノーケリングできるビーチとしては最高です!!

 

 

PS ハリギビーチから戻ったときにサンドバーにシープレーンが停泊していました。

離着陸(離着水?)見てみたいです。かっこいいだろうな

 

 

しんぺい

I love Puerto Galera!!
Enjoy Beach And English!!

0コメント

  • 1000 / 1000