フィリピン留学の治安と衛生面が不安な方へ

フィリピン留学支援家@べんたんの日常

PTA意味は何?無くなってしまったらナニか損するのか?


f:id:man2man-english:20181103162526j:image

 

今回は、薄っぺらい私の知識でPTAについて思うことを書いてみたいと思います。まず、PTAとはナニと思ったので調べてみたら...

 

「Parent-Teacher Association」の略です。直訳すると「保護者と先生のつながり」

 

となりました。別につながって欲しくないなぁ~と思ってしまいました。保護者と先生が仲良いからヒイキされたり、差別されたりしそうな感じがしたからです。特にネクラの私が先生にいい評価をされるとも思えませんし。

 

ちなみに、フィリピンにもPTAは存在します。それも、全員加入するそうです。フィリピンのPTA活動はどんなことをするのか聞いてませんが、日本と似たりよったりかと思います。(自分勝手な妄想)

 

そもそも昔と違って今は、共働きが多い、片親の場合も多い!こんな感じが日本社会の現状ではないでしょうか?そんな中で昔と同じようなPTA活動を維持していくのはムリでしょう。(あまりナニをやっているのか知らなくて発言してしまい恐縮ですが....)

 

PTAというものが無くなってしまえばいいな!と自分勝手に思っています。実は、そんなことを思っている先生も多いのではないでしょうか?そして、元教師たちはこのようにPTAを語ってくれました。

 

元教師が語るPTAなんていらないと思った7つの瞬間!

  1. 役員を決めるとき
  2. PTAの広報雑誌を配布するとき
  3. PTA活動への無償ボランティアに駆り出されるとき
  4. PTA会員を徴収するとき
  5. 〇周年の記念アルバムへの執筆を依頼されたとき
  6. PTA会長が偉そうにしているのを目の当たりにしたとき
  7. 我が子の躾(しつけ)より、PTAの活動を頑張ってる親を見たとき

 

以上です。あなたは、PTAが存在するほうがいいとお考えですか?それとも、無くなってしまったほうがいいとお考えですか?