フィリピン留学の治安と衛生面が不安な方へ

留学サポート係 べんたんのブログ

狂犬病だけで海外留学先を選ぶならこれらの4ヵ国です!

f:id:man2man-english:20181127091228j:plain

狂犬病発生状況2004年

 

厚生省のデータです。2004年の状況なのでかなり古いです。最新版ないのか~って感じでしたが、参考にはなると思います。

 

狂犬病だけで海外留学先を選ぶなら...

  • イギリス
  • アイルランド
  • オーストラリア
  • ニュージーランド

この4か国になります。

これ以外の国はどこに行っても狂犬病があります。

 

f:id:man2man-english:20181127092150p:plain

フィリピンでは2004年当時、248名が狂犬病の死亡者数です。この年以降もフィリピンでは年間200~250名の人が狂犬病で亡くなっています。(BusinessMirroor紙より)

f:id:man2man-english:20181127094313p:plain

 

もし、噛まれたら!

すぐ病院に行きましょう。

応急処置は、

傷を石鹸と水で15分以上洗う、止血はしない、ポピドンヨードで消毒(イソジン)

 

噛まれた後、24時間以内に処置する

狂犬病のワクチンの注射は噛まれた後、0日目、7日目、14日目、30日目、90日目の5回が理想です。最低でも30日目までの4回は必要。

 

*犬などの小動物は、10日ほどで死亡します。咬んだ犬が10日以上生存していれば、狂犬病ウイルスに感染していないと判断されます。

 

パラワン島であれば、アドベンティス病院の緊急外来に行きましょう!

f:id:man2man-english:20181118161505j:plain
小さな病院に行くと狂犬病のワクチンが無かったりします。また、先ほどお伝えしたように噛まれた当日、7日目、14日目、30日目、できれば90日目と合計5回のワクチン注射が必要です。

 

追伸:過去2名の日本人が狂犬病で亡くなっております。

2006年フィリピンより帰国した男性が、現地で狂犬病ウイルスに感染し、日本国内で発症したことが確認。

 

60歳代 男性

■感染原因

当該患者は、フィリピンに渡航中(8月末)、犬に手を咬まれており、これにより狂犬病に罹患したと判断される。なお、現地における暴露後のワクチン接種は受けていない。

 

おなじく

60歳代 男性

■感染原因

当該患者は、フィリピン滞在中(8月頃)、犬に手を咬まれており、これにより狂犬病に罹患したと判断される。なお、現地における暴露後のワクチン接種は受けていない。

 

全く同じ60代男性が2名、フィリピン滞在中に犬にかまれて亡くなっております。これ以降、日本人が噛まれて亡くなったという事例はありません。

 

まとめ

万が一、噛まれたら!

  • 傷を石鹸と水で15分以上洗う、止血はしない、ポピドンヨードで消毒(イソジン)
  • すぐ病院でワクチン接種

この2つです。