フィリピン留学の治安と衛生面が不安な方へ

留学成功アドバイザー@べんたん

留学前に知っておきたい!東南アジアの汚染度 2018年度(11月29日現在、NUMBEO調べ)

f:id:man2man-english:20181129101409p:plain

今日はNUMBEOというサイトで東南アジアの汚染度を調べてみたいと思います。マップはこんな感じです。

f:id:man2man-english:20181129101412p:plain

簡単に説明すると、赤い〇の所が汚染された場所!という事です。と言われても日本地図じゃないから場所がわかりませんよね?こちらが、汚染都市のランキングになります。

 

2018年、東南アジアの汚染度ランキング

f:id:man2man-english:20181129103512p:plain
とりあえず、フィリピンの都市をで囲ってみました。

 

汚染されてるフィリピンのエリア

3位 マニラ

5位 セブ

6位 ケソン

12位 マカティ

14位 バギオ

17位 ダバオ

 

このような汚染順位になります。留学先を考える時は、空気の綺麗さとかも考慮したほうがいいと思いますよ。実際にこのデータの意味は現地に行けばわかると思います。

 

マニラ、セブは排気ガスがえげつない!とは聞きます。セブはマクタン島はいいみたいですが、セブシティは排気ガスがとんでもないとか...まあ、留学中、日常的に外出しなければいいだけかもしれません^^;

 

おまけ

NUMBEOは、世界中の都市や国々の生活情報を記録する世界最大のデータベースです。世界中のあらゆる地域の生活コスト、不動産価格、ヘルスケア、交通情報、犯罪率、人口などさまざまな情報を調べることができます。

 

NUMBEOの公式サイトはこちら