フィリピン留学の治安と衛生面が不安な方へ

留学サポート係 べんたんのブログ

【パラワン留学】教師の面接で何をみるのか?

f:id:man2man-english:20181217044913p:plain

 

今日は、教師の面接の日

 

面接でのチェックポイント!

  • 英語が上手か?
  • 発音は大丈夫か?
  • 話す文法に間違いはないか?
  • 聞き上手タイプかおしゃべりか?
  • Q and A がしっかりしているか?
  • 面接の態度はいいか?
  • 余計なことをベラベラいわないか?
  • 面接時間にきちんと来るか?

 

などを確認します。詳しく説明します。

 

英語が上手か?

英語が上手かどうか?これは、上手であるに越したことはありません。

 

発音は大丈夫か?

こちら、フィリピンのアクセントがキツイ人はさすがに採用できません。

 

話す文法に間違いはないか?

あまりにもひどい間違いの人はご遠慮願います。

 

聞き上手タイプかおしゃべりか?

面接している時にわかります。おしゃべりタイプの人は英語が相当上手じゃないと採用しません。おしゃべりフィリピン人はマンツーマンには向きません。

 

Q and A がしっかりしているか?

マンツーマンでもやる学習方法ですが、Qに対して、Aがきちんと返ってくるかどうかを見ます。Qに対して、全然違うようなAをする(別の話になる)ような人もいます。

 

面接の態度はいいか?

貧乏ゆすり、腕くみ、足くみ、舌打ち、これらが無いかをチェックします。一発アウトは貧乏ゆすり。

 

余計なことをベラベラ言わないか?

自己アピールなのかもしれませんが、自分のことをベラベラ話す人がいます。しかも、長い。マンツーマンでも自然とそうなってしまう可能性が高いと思うと採用するわけにはいきません。

 

面接時間にきちんと来るか?

約50%は遅刻してきます。遅刻してきたら、その時間分、待たせます。1時間遅れてきた人には1時間待たせます。時間への意識は、ここから始まります。

 

情熱、やる気については?

これは、本当に難しいです。ただ、マンツーマンで生徒さんを教えることによって、情熱ややる気はUPしていくのだと思っています。きちんと、私たちのノウハウに従って教えれば、100%生徒さんのスピーキングが伸びるからです。

 

そして、生徒さんから感謝されれば、教師たちもやりがいを感じてもらえるように思っています。

 

「私はこの仕事が好き」

 

と言ってくれる教師がたくさんいます。やはり、それは教師も生徒さんと授業をするのが楽しいからこの仕事が好き!と思ってくれるのでしょう。

 

やはり、私はこの言葉に行きつきます。

 

好きこそものの上手なれ!