フィリピン留学の品格

留学サポート係 べんたんのブログ

2020年 小学生5,6年の英語は「成績」が付くようになります!

f:id:man2man-english:20181226160302j:plain

これまの小学生の英語学習は、5.6年生を対象に「外国語活動」として行われてきました。それが、2020年度からは5.6年生で教科として必修科目となります。

 

そして、「外国語活動」は3.4年生から前倒しされます!

 

授業時間と授業内容については以下のとおりです。

■3.4年生の外国語活動
授業時間:年間で35時間
授業内容:英語に慣れ親しむことを目的に「聞く」「話す」の活動を行う

 

■5.6年生の教科英語
授業時間:年間で70時間
授業内容:3.4年生の授業内容に加え、大文字・小文字の識別や初歩的な読み書きを導入。教科として導入され、成績評価あり

 

このように、小学校3~4年の段階で英語にふれ、5~6年で基礎部分の学習を始めることになります。

 

すでに、小学生の時点で「英語嫌い、英語が苦手」な子供が続出することは間違いないでしょう...

 

親はどのようにサポートすればいいのでしょうか?

今後の学校教育において、英語の重要性は今よりもはるかに高くなっていきます。必要な英語力をつけるためには、小学生のうちからできるだけ英語に慣れて外国語に対する苦手意識をなくし、英語への興味関心を高めておくことが大切。

 

「英語にふれる機会を増やす」ことが何よりも大切です。ご家庭でも、お子さんが英語を聞く・話す経験をたくさん積めるようにしてあげましょう。具体的には、英語の歌を聞いたり歌ったり、英語音声でアニメや映画を見たりなど、生活のなかで英語を自然に取り入れてみてください。


あくまで「勉強」ではなく「コミュニケーションの手段のひとつ」として英語にふれることで、英語に対する対応能力が身についていくはずです。

 

遊びながら英語を学べる留学先はこちら