フィリピン留学の治安と衛生面が不安な方へ

留学成功アドバイザー@べんたん

2020年 中学生の英語は「英語」で授業を行います!

f:id:man2man-english:20181230063902j:plain

これまの中学生の英語学習は、「英語」の文法や単語を日本語を使って教えていました。それが、2020年度からは「授業は英語で行うことを基本」なります。

 

つまり、「英語は英語で教える」のが理想となります。中学生の英語の授業の目指しているゴールは、インターナショナルスクールのような英語の授業なのでしょう!

 

文部科学省が発表した「英語教育改革実施計画」の内容にはこのように明記されています。

 

中学生の英語教育

  • 授業を英語で行うことを基本とする
  • 身近な話題についての理解や簡単な情報交換、表現ができる能力を養う

 

です。

「授業は英語で行うことを基本」

とすることが明記。具体的には、身近な事柄を中心に英語で情報交換をしたり、自分から表現できるようにするとのことです。

 

文部科学省の「英語教育改革実施計画」の内容は壮絶なものでした。

英語教育改革実施計画はこちら

 

英語を教える教師には...

教師には英検準一級、TOEL iBT80点程度以上の英語力を確保するように求めています。子供を持つ親としては、本当にコレ教師たちにとっていただきたいです。まして、英語を英語で教えるのであれば、なおさらです。

 

*社会人に人気のTOEICスコアを求めないのに日本の英語教育の矛盾を感じます。

 

まとめ

必須の単語数などは変わっていません1200単語程度。しかし、「授業は英語で行うことを基本」となり、これからはより英語を「話す」「聞く」の能力が重視されます。

 

あわせて読みたい