フィリピン留学の品格

留学サポート係 べんたんのブログ

狂犬病はおっかない。実は、パラワンでも年に1人のペースで病院に!(正確には年に1人未満)

実は、パラワンでも過去4人の生徒さんを病院にお連れしました。

f:id:man2man-english:20181118161505j:plain

4人の生徒さんたちの詳しい詳細は、以下の通りです。

 

1人目、バイクでツーリングに遠方に出かける、立ち寄ったお店でトイレを借りておしっこをする。おしっこ中、歩み寄ってきた犬に足を噛まれ出血。(30代男性)

 

2人目、もともと切り傷があったところ(目視不可能)を犬に舐められる。一人目の狂犬病の話を聞いたので、恐怖する。念のため病院に行く。(20代男性)

 

3人目、エルニドに旅行中、かわいい猫と遊ぶ。その猫に引っ搔かれて出血。エルニド旅行を満喫後、プリンセサに戻ってきてから病院に行く(10代女性)

 

4人目、3人目の話を聞いていたので、犬の甘噛みに恐怖。傷もよく見えず、出血はなかった。100%の安心を求めて、病院に行く。(20代女性)

 

私は、1年に1人のペースで生徒さんを狂犬病の疑いで、病院にお連れしています。もちろん、病院に行って狂犬病のワクチン接種をしてもらいます。

 

おかけ様で、病院の緊急病棟のスタッフ(医者さん、看護師さんたち)には顔を覚えてもらいました。喜ばしいことではありませんが、スムーズに診断してもらえます

f:id:man2man-english:20190513100652j:plain

 

Q:狂犬病のワクチンは日本で打ってきた方がいいですか?

個人的な意見ですが、打ってくる必要はないと思っています。

 

なぜなら、日本で狂犬病のワクチンを打ってある、打ってないに関わらず、実際に噛まれたりした場合は、ワクチン接種が必要だからです。

 

日本で狂犬病のワクチン接種をしてても、現地の病院に行ってワクチンを打たなければいけません。ただ、注射の回数が減るだけです。だったら、噛まれてからクレジットカード付帯の保険で全額負担してもらいましょう!という風に思います。

 

*日本で狂犬病のワクチンを打つのは高額。

*日本で狂犬病のワクチンを打てる病院は都会しかない。(地方はワクチン打てる病院がない)

*ちなみに、私はフィリピン歴16年ですが、ワクチンを打っていません。

 

事前にワクチン接種をしてある方の場合

当日、3日目の2回のワクチン接種が必要

 

ワクチン接種をしてない方の場合

狂犬病の注射は、基本的に1日目(当日)、3日目、7日目、14日目、28日目の計5回です。

 

フィリピンは狂犬病のある国です。そして、大きい病院には必ず緊急外来があります。噛まれた24時間以内にワクチン注射をしなければいけないですから、少しでも早く病院に行きましょう!

 

追伸:山本さんの迅速な判断と行動で...

よっしーさんの声
(よっしーさん)

Q.留学生活はいかがでしたか?

病院へ行く必要にかられた時、山本さんの迅速な判断と行動で助けて頂き、本当に感謝しております。ERを備えた病院が近くにあるので、万が一のトラブルがあっても安心できる環境だと思いました。また、ホテルの周辺には美味しいレストランが沢山あり、大型ショッピングモールやスーパーもあるので、快適に滞在することが出来ました。

 

大人な書き方を生徒さんから教えて貰った気がします。私なら、『犬に噛まれたとき、病院に連れていってくれて本当に助かりました。』と書いてしまう。

 

わざわざ、狂犬病と書くのはこの学校にとってプラスにならないと思って気を使ってかいてくださったのだと思います。大人って素敵です!

 

 おまけ(狂犬病のプチ情報)

  • 狂犬病は150以上の国や地域で発生する、ワクチンで予防可能な病気です。(事後ワクチンも可能)
  • 狂犬病が疑われる動物に咬まれた人の40%は、15歳未満の子どもです。

 

海外留学、海外旅行では特に動物との接触に注意してください。動物にひっかかれたら、すぐ狂犬病の注射です。