フィリピン留学の品格

留学サポート係 べんたんのブログ

留学生の💩なお悩みシリーズ Top15(学習編)

1.授業で全然英語がしゃべれませんでした。

英語が話せない

授業で英語がしゃべれない原因は主に3つです。

①グループレッスンだから話すチャンスがない。
②生徒さんに会話をさせるレッスンスタイルになっていない。
③あなたが周囲に気を使う人だから。

【解決方法】

①グループレッスンを止めて、マンツーマンに変更する。
②生徒さんに会話をさせるレッスンスタイルにしてもらう。
③他の人の話は一切聞かず、あなたがしゃべりまくる!(他はガン無視)

パラワン留学の場合は?

本校のレッスンはコミュニケーションを意識した、生徒さんにアウトプットしてもらうためのマンツーマンレッスンです。「同じマンツーマンでも全然ちがうんですね」と他の学校から来られた方はいいます。

 

よくある生徒さんの間違いとしてはマンツーマン授業ならどこも同じ!と思っていることです。なぜなら、アウトプットのないマンツーマンは『マンツーマンの価値』が全くないことに気づいていないからです。あなたにしゃべられせくれないマンツーマンレッスンなど無価値ですのでご注意ください。

 

2.授業についていけませんでした。

英語の授業

授業についていけない原因は主に3つです。

①グループレッスンだから。
②カリキュラムや授業内容、進むスピードがあなたに合っていないから。
③教師の説明がわかりにくいから。

【解決方法】

①グループレッスンを止めて、マンツーマンに変更する。
②カリキュラムや授業内容、進むスピードをあなたに合わせてもらう。
③教師を変える、もしくは、クラスを変える。

 

パラワン留学の場合は? 

①授業は全てマンツーマンです。
②カリキュラムや授業内容、進むスピードをあなたに合わせています。
③教師を変更は可能。また、わからない部分を山本に聞くこともできます。

本校の場合、今日はこれだけやりなさい!といったノルマはありません。なぜなら、あなたが授業を理解できたかどうかが一番大切だからです。

 

「あなたの理解の早さ=授業の早さ」です。授業も全てマンツーマンレッスンですので、他の生徒さんに気兼ねすることはありません。わからない事があれば、いつでも質問できますし、教師たちもわかるまであなたに付き合ってくれます。それでも、わからないければ山本に聞いてみてください。

 

*教師の変更については、このページの『11番』で詳しく説明させていただきます。

 

3.教師も学校も全然レッスンの希望や、私の意見を聞いてくれません。

本来、学校はカリキュラムに従って授業します。だから、生徒さん一人一人の希望や意見を聞くわけにはいかないのです。

 

また、〇〇〇メソッド、〇〇式、といったようなカリキュラムを売りにしている学校の場合は、そのメソッドに従うのが当然です。そもそも、そのメソッドがいいと思ったからその学校を選んだのではないでしょうか?

 

今更、「〇〇〇メソッドが私に合わない」と言われても学校も教師だってどうすればいいかわかりません。なぜなら、そのメソッドでしか対応したことがないのですから。

 

教師も学校のカリキュラムやメソッドに従って授業をすれば自分自身で何も考える必要がなくてラクちんです。だから、学校も教師もあなたの希望や意見は聞いてくれません。

 

パラワン留学の場合は?

私達はあなたの為にレッスンをしています。だから、学校のカリキュラムよりもあなたの希望や意見を大切にします。

私達は、全ての人に合うカリキュラムは誰にも作ることができないと考えています。なぜなら、AさんとBさんは英語力も違えば理解力も違うからです。それなのに、学校のカリキュラムや、決まりきったレッスンのスピードに従うなど私には考えられません。

私たちが従うのは、

  • あなたの理解できるスピードで授業すること。
  • あなたの学びたいことを最大限にレッスンに取り入れることです。

一番最初にお伝えしたように、私たちはあなただけの為にマンツーマンレッスンをしているのです。この想いがあれば、あなたの意見や希望をレッスンに取り入れるのは当たり前です。また、この私の気持ちは、全ての教師たちの想いでもあります。

4.レッスンで穴埋め問題ばかりやらされます。

まだ、穴埋め問題をやり続けますか?

生徒さんに穴埋め問題をさせていると、教師はラクです。なぜなら、何もしなくていいからです。

 

私が聞いた話の中で一番ひどかったのは、マンツーマンのレッスンで、穴埋め問題をさせている事でした。さらに、穴埋め問題を生徒さんにやらせている間、教師はスマホをいじっているとか、席を外してしまっているとも聞きました。正直、信じられません。

 

穴埋め問題をやり続けてもあなたの会話力は100%伸びません。なせなら、日本の英語教育がそうだったではないでしょうか?あなたはフィリピン留学でも同じ失敗を繰り返すおつもりですか?

 

パラワン留学の場合は?

本校は『スピーキングとリスニング能力を専門的にアップ』させる学校です。だから、レッスン中に穴埋め問題は一切やりません。全ての時間をコミュニケーション能力向上の為に使っています。

レッスンはいつもアウトプットの実践場所でなくてはいけません。しっかり、アウトプットするのであなたのスピーキングが驚くほど速く上達するのです。

*穴埋め問題は、ご自身の予習や復習などでお使いいただいております。

 

5.マンツーマンレッスンなのに、教師ばかりが喋っていて私が全然しゃべれません。

教師が何も考えずにレッスンすると、教師ばかりがしゃべってしまいます。なぜなら、教師のほうが英語が上手だからです。

その教師は『あなたに英語をしゃべってもらう事の大切さ』を全く理解していません。だから、教師がしゃべりたいようにしゃべってしまうのです。

あなたは、授業中に英語をしゃべるチャンスがなくても満足できますか?

 

パラワン留学の場合は?

f:id:man2man-english:20190516124526j:plain

私たちは新人研修の時から「聞き上手スタイル」でレッスンすることを徹底的に教育しています。

・あなたにたくさん英語を話してもらうこと
・あなたの間違いを訂正すること

上記の2つが本校の教師の仕事です。どのようにレッスンすればあなたの英語を引き出せることができるか?それは、あなたにたくさん質問することと、たくさん褒めることです。

 

できなかったことができるようになったら、教師たちは一緒に喜び、あなたをたくさん褒めます。褒めてもらえば、うれしくなりますし、もっと話してみたい!という気持ちに自然となります。

 

本校の教師たちは「聞き上手」になる事の大切さを十分理解しています。さらに、あなたに気持ちよく英語を話してもらう事を最優先に考えてレッスンをしています。

  

6.どうやって勉強したらいいかわかりません。(自分に合った学習方法がわかりません)

留学中も悩み続けたいですか?

どうやって勉強したらいいかを誰にも相談できず、悩んでいる留学生が多いです。ちなみに、この話は私がアイルランド留学をした時も、同じでした。

 

日本人スタッフはいるのですが、彼の仕事は学校の事務で、生徒さん一人一人の悩みを聞いてくれるわけでもアドバイスをくれるわけでもなかったです。あなたは、留学中も学習方法で悩み続けたいですか?

 

パラワン留学の場合は?

過去に私自身がどうやって勉強すれば英語が身につくのかを必死で考えたことがあります。また、英語学校を2010年から運営して9年間になりますが、一人一人の悩みを解決してきました。

 

あなたに合った学習方法については、あなたのタイプ(耳で単語を覚えるタイプなのか?書いて覚えるタイプなのか?)などを判断した上で、きちんとアドバイスさせていただきます。一人で悩むことはありません。一緒にあなたにあった学習方法を考えていきましょう!

 

7.単語の意味を英語で説明されても、『正確な意味』がわかりません。後でもう一度辞書を引かなければならず2度手間です。

【普通の英単語の授業】

単語の1つ1つを教師が英語で説明

穴埋め問題

答え合わせ

レッスン終了です。

単語を英語で説明されてもハッキリと意味がわからないので、後でもう一度、自分で調べなければなりません。2度手間で時間のムダですし、単語の意味調べにストレスを感じます。また、このようなレッスンでは単語の量は増えますが、単語を話せるようにはなりません。

パラワン留学の場合は?

日本の単語帳を使います

本校は『日本の単語帳』を使っています!だから単語の意味が日本語ですぐわかります。

【本校の英単語の授業】

単語の意味が日本語ですぐわかる。

単語を使って頭の中だけで文章で考え、アウトプットする。
↓ ↑
アウトプット中の間違いを訂正してもらう。
↓ ↑
慣れてくるまでアウトプットを繰り返す。

レッスン終了です。

本校では最初から『日本の単語帳』を使って話す練習をします。なぜなら、単語の意味を調べる時間を節約できるからです。もちろん単語の意味を調べるストレスからも解放されます。

 

マンツーマンレッスンはいつも会話の実践トレーニングです。何度も同じ単語を繰り返しアウトプットするので、記憶にも定着します。また、普通の文、否定文、疑問文を作ってアウトプットしてもらいますので、すべてのパターンの文章を喋れるようになります。 

 

8.配られるプリントがバラバラになってしまい、予習も復習もうまくできませんでした。

毎時間、教師が変わるごとにプリントが配られます。1日で6枚増えていきます。2週間もすると、どこに何のプリントがあるのかわかりません。これでは、予習も復習もうまくいきません。あなたの英語知識もプリントと同じようにバラバラです。そして留学最終日、かさばるプリント(重い)を全部捨てて日本に帰国することになります。学んだことを全て捨てる気持ちになりませんか?

 

パラワン留学の場合は?

本を使って学んでいます。本は内容がまとまっていますので、あなたの知識もまとまります。また、本を使うと、学習予定をあなたと教師の2人で決めることもできます。だから、予習も復習も自由自在です。そして、留学最終日、本を持って帰れます。学んだことは、全て日本に持って帰りましょう!

 

*短期留学(3週間未満)の方の場合や他の目的がある方の場合は、本を使わない時もあります。また、ご自身で学びたい教材があればそれを利用することも可能ですので事前にご相談ください。

 

9.同じプリントを何度もやらされました。 

教師がテキトーに授業のプリントを持ってくるからです。1人の教師がたくさんの生徒さんを担当する場合、誰に何の授業をしたか全く把握できていません。この時点でカリキュラムとは名ばかりですね。この話はたくさん聞きました。

 

パラワン留学の場合は?

教材で授業をすると

先ほどもお伝えしましたが、私達は「本」を使ってレッスンを進めていきます。だから、2度同じレッスンをしてしまうことはありません。また、本校は担任制です。担任教師があなたのレベルをしっかり見極め、本の中から『必要なことだけ』をレッスンしてくれます。担任制なので、貴方の英語のレベルにきちんと合わせてくれます。

 

10.授業中、辞書を使わせてくれませんでした。

学校のポリシーや教師の信念だと思いますが、そんなことは生徒さんには関係ありません。あなたは、意味がわからないまま授業が進んでいってもいいのですか?

 

パラワン留学の場合は?

辞書

意味がわからないままレッスンを進めると、間違ったまま理解してしまう可能性があります。だから、辞書を使うのはあなたの自由です。あなたが、やりやすいようにレッスンをすればいいと思っています!

 

11.教師の変更をリクエストしたのですが、対応してくれません。

どうしても先生の授業が合わなくて教師の変更をお願いしたのですが、全く対応してくれません。自分たちの都合を優先する学校が多いです。変更リクエストに対応すると、教師のシフトの組み直しが必要なので、対応を嫌がりしてくれないのだと思います。

 

パラワン留学の場合は?

教師の変更については、あなたの希望を最優先いたします。すぐ、対応できない場合は「〇月〇日から変更可能です」とお伝えします。

 

*土日に変更の希望を言われても、教師たちとの連絡がとれません。だから、変更の希望は月、火、水曜日にお伝えください。

 

12.教師がいきなり休みました、でも補講もしてくれません。

この話を聞いた時は、衝撃でした。教師が突然休んでしまったのに、補講してくれない学校も多いらしいです。純粋にあなたの授業が減ってしまいます。しかし、返金などの対応もしてくれません。生徒さんは来ない先生をぼーっと待っているらしいです。大人数の学校では教師の出欠をきちんと確認するのはムリです。ただ、生徒さんから教師休んでレッスン受けれなかったと申し出があったときにはきちんと対応して欲しいですよね。

 

パラワン留学の場合は?

教師が休んでしまった場合は、100%補講させていただきます。補講は平日レッスンの時間延長、土曜日や日曜日を使いますので、ご協力くださいませ。本校は10名様限定の小さい学校です。教師が休んだ場合は、すぐわかります。ほとんどの場合、事前に私から生徒さんに教師休みの連絡をお伝えいたします。

 

 

13.授業中、教師が明らかにプライベートなスマホをしています。

英語の授業中に教師が明らかにプライベートでスマホをしています。Facebookの音やメッセンジャーで何かやり取りしている感じです。とても気分が悪かったです。授業中はプライベートでスマホは使うのは止めて欲しいです。

 

パラワン留学の場合は?

f:id:man2man-english:20190514102127p:plain

本校の教師がスマホを利用する時は『辞書』として利用しています。さらに、机の上でスマホを使うように徹底しています。なぜなら、机の上で利用しないと、プライベートで使っているのではないか?と疑われる可能性があるからです。そして、音はOFFです。もし、着信音が出るようであれば、山本に言ってください。もしくは、教師に直接言ってください。

 

14.教師から私の英語をバカにされました。

教師が生徒さんの英語をバカにするときがあるそうです。モチベーションが本当に下がると言ってました。こんな教師がいれば、生徒さんはたまったものじゃないですよね。教師にバカにされたらそんな教師は即変更すればいいと思うのですが、そういう学校に限って教師の変更も聞き入れてもらえないようです。

 

パラワン留学の場合は?

f:id:man2man-english:20190514102500j:plain

そもそも、wrong や mistake の言葉すら生徒さんに使うな!と教育しています。モチベーションのさがる言葉、wrong,mistake,badなどのネガティブな言葉は生徒さんには使いません。本校の教師たちは生徒さんの成長をを褒めてくれて、一緒に喜んでくれます!そんな教師たちばかりです!

 

15.留学したら、フィリピンの祝日ばかりでした。

私の留学した時はちょうどフィリピンの祝日ばかりでした。1週間留学のうち、3日間しかレッスンをできなかったので、本当に残念でした。もちろん、祝日は理解できるのですが、短期だったので、もっとレッスンしたかったです。

 

パラワン留学の場合は?

本来、祝日は祝日です。しかし、 教師たちがレッスンできる、生徒さんがレッスンを受けたい!という場合は、祝日でもレッスンしています。不公平があるといけませんので、全教師&全生徒さんが対応可能な場合の時に限ります。2019年ですが、ほとんどの祝日でレッスンしています。

 

*このブログの読者の方は、祝日でもレッスンしてくれる学校という事はご存知ですよね。

 

追伸:

さんざん、フィリピン留学の問題点を書かせていただきました。なぜ、このような記事をせきららに書けるかと言われれば、私たちは、『私達のマンツーマンレッスンに絶対的な自信』があるからです。

 

本校のマンツーマンレッスンはどうだったか?実際に体験された生徒さんたちに聞いてみました。こちらでご確認くださいませ。