フィリピン留学の品格

留学サポート係 べんたんのブログ

出ればわかるさ、1.2.3ダ―!

f:id:man2man-english:20190520095020j:plain

8:00オープンの洗濯屋さんに行きました。そしたら、シャッターが閉まってました。隣のお兄さん(同じ系列だから)が出てきて、「8:00にオープンだよ!」って言ってくれましたが、すでに8時を過ぎてます。

 

うーん、これが『フィリピン時間』というものです。そもそも、8:00オープンの店(特に個人店)で8:10分ごろに行く私がおバカなんです。もう、こんなの「ばかすぎばかお」のような行動です。

 

8:00オープンなら、せいぜい8:30ぐらいに行くのがフィリピンの常識というものでしょう。モールなどの入り口は10:00にオープンしますが、中に入っている飲食店のお店ではまず、10:00から注文することはできない事が多いです。

 

f:id:man2man-english:20190520095412j:plain

昨日の残り物で良ければ購入できるお店はあるとは思いますが。例えば、焼きたてのパンを購入したくて、開店と同時に行くのはアホの行動かも。なぜなら、焼きあがってる可能性は低いからです。(*フィリピンのパンデサルを販売しているパン屋さんは別)

 

先日、生徒さんとSMモールの中にある、GONG CHAに10:00に行きました。そして、飲み物を注文したら「氷がない」と言われて、結局30分ぐらい氷が来るのを待ちました。

 


学校を一歩出ればフィリピン時間に合わせましょう!

これは、自分への教訓でもあります。学校にいると、教師たちはしっかりしているので、時間はきちんとしていますが、一歩外にでれば、そこはフィリピン時間です。

 

ゆるゆるな時間が流れ、せっかちな日本人はイライラしてしまう社会が広がっています。世界的に見たら、日本人のせっかちさは異常なのかもしれませんが、日本の社会に育った私達の「せっかち性分」はどうしょうもない習慣かも。

 

せっかくなので、ゆるゆるな時間を楽しんでしまいませんか?日本に帰ったらせっかち時間が流れるわけですから、留学期間だけはゆるゆる体験です!

 

 

ゆるゆる体験してもいいかな~と思った方はこちら