フィリピン留学の品格

留学サポート係 べんたんのブログ

フィリピン留学 A教師が体験!こんなタイプの生徒さんの授業は難しい☆Top5

f:id:man2man-english:20190530114448j:plain

A教師が語る、こんなタイプの生徒さんの授業は難しい☆

  1. めっちゃくちゃ静か
  2. 新しい単語や文法を学びたがらない
  3. エロトーーーーーーク
  4. 異常に元気がない
  5. スーバービギナー

 

1.めっちゃくしゃ静か

生徒さんがめっちゃくちゃ静かだったりすると、レッスンに満足してくださってるのかどうかわかりにくい。このタイプの生徒さんに英語をたくさん話してもらう(会話)はとても苦労する。

 

2.新しい単語や文法を学びたがらない

ときどきいるタイプの生徒さんですが、新しい事を学びたがらない方がいらっしゃいます。知っている単語や文法だけで話をするのはとても大切ですが、もう少し上を狙っていってもいい時期でも、自分の今いる世界(レベル)で満足してしまう。

 

3.エロトーーーーーーク

下ネタもアリですが、あまりにも下ネタ過ぎるのは正直キツイです。生徒さんなので、笑うけど、それは女性にする話ですか!と感じました。

 

4.表情がなさすぎる

私は生徒さんの表情を見て大丈夫かどうか?もう少し説明がいるのか?などを判断しているのですが、ポーカーフェイス過ぎてそれを読み取るのが難しかったです。あと、このタイプの生徒さんは元気がないことも多かったです。楽しんでくれているのか不安です。

 

5.スーパービギナー

ビギナーといっても、中学生の文法は大体わかってるよ!というタイプの方と正真正銘のビギナーとは断然違います。今回は後者の正真正銘のスーバービギナーの方です。やはり、説明する時にわかりやすい単語を選ぶのにとても気をつけます。

 

スーパービギナーの方へのレッスンはとても気を使います。いつも以上に簡単な単語を使う、いつも以上にゆっくり話す、ただ、一か月後に見違えるようになるので最初を知ってるからとても嬉しい気持ちになります。

 

 

以上、A教師が体験!

こんなタイプの生徒さんの授業は難しい☆

 

教師の視点で生徒さんたちを見てみよう!

「仕事なんだから、どんな生徒でもきちんとしろよ!」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、教師も一人の人間ですから、エロトークを連発されたら、嫌な思いをするのは仕方ないですよね。

 

もし、このブログを読んでくださってて、パラワン留学をお考えになってる方がいらっしゃったら出来るだけ、上記の1~5の事に気をつけていただければより楽しいレッスンが受けることができます。

 

よいレッスンは先生と生徒さんが一緒になって作っていくものだと思いますので、是非ともご協力をお願いいたします。

 

あわせて読みたい