フィリピン留学の品格

留学サポート係 べんたんのブログ

ALTとは? 教師も大変ですよね...

ALTという言葉がメールの中にありました。私はこの言葉を知りませんでした。ぱっとでてきたのは「エブリリトルシング」でした。

 

f:id:man2man-english:20190603065247j:plain

懐かしい...

 

はっ!!と気づいたのが、every little thing はELTでした。アルファベットの頭文字が Eということ。じゃあ、ALTって何だろうか?

 

調べました。

ALT(外国語指導助手)とは、Assistant Language Teacherの略で、外国語を母国語とする外国語指導助手をいいます。 小学校や中学校・高等学校に児童・生徒の英語発音や国際理解教育の向上を目的に各教育委員会から学校に配置され、授業を補助しています。

つまり、学校で英語を教える人のサポートをする教員の方ですね。なるほど、と言うことは、以前パラワン留学に来てくださったAさんもNさんもこのALTだったのかと思います。

 

学校の先生って大変

特に小学校の教員さんは、英語の学習をしなければいけなくなったり、さらにプログラミングも必須科目に。小学生で必須になったプログラミングの授業はなぜ中学でも必須ではないのでしょうか?

 

実は、現行の中学校でもプログラムは必須でした。現行の学習指導要領にはこのように明記されています。

(3)プログラムによる計測・制御について、次の事項を指導する。
ア コンピュータを利用した計測・制御の基本的な仕組みを知ること。
イ 情報処理の手順を考え、簡単なプログラムが作成できること。

明記はされているけど、実際はプログラムの授業までできてないというのが現状だったのです!

 

また、プログラムの授業は高校受験に関係がないため、やらなくても問題にならないどころか、プログラムの授業よりも受験科目を優先的に教えるのはどうしょうもないようにも感じてしまいます。

 

せっかくの夏休みなのにそんな時でも少しでも子供に英語を教える役に立つように1週間の短期留学。本当に頭があがりません。