フィリピン留学の品格

留学サポート係 べんたんのブログ

フィリピン留学の学校を比較する5つのポイントとは?

フィリピンに留学しようと思っても、数ある語学学校の中から1つの学校を選ぶのは大変です。そこでフィリピン留学の学校を比較するポイントをご紹介します。

 

1.留学費用を比較する

f:id:man2man-english:20190604090446j:plain

まず一つ目は留学費用に注目してみましょう。フィリピン留学の費用は、授業の内容、宿泊する環境、滞在期間によって大きく変わります。例として、講師と1対1のマンツーマンで行われる英会話の授業を1日6時間受講し、1ヶ月間2人部屋に滞在するというようなプランの場合、15万円を超えるくらいの費用がかかります。

部屋のタイプがよりよいものに変われば、25万円以上の費用がかかってくる場合もあります。尚、グループレッスンのある学校なら費用はかなり抑えられると思います。

 

2.居住環境はどうなのか?

f:id:man2man-english:20190604090735j:plain

二人部屋なのか?一人部屋なのか?インターネットはつながるのか?虫は?シャワーのお湯はきちんと出るのか?トイレットペーパーは流せるのか?←こんなことまで!と思われるような事まで...。

生活環境に著しく不満がある場合は、毎日が本当に辛いおもいをしなければなりません。ちなみに、複数人部屋(二人部屋以上)で不満を訴える留学生が後をたちません。大人になれば、自分だけの空間が欲しいのは当たり前だと思います。また、部屋の中でも自由がないのはストレスが溜まりますね。

 

3.門限があるか?

f:id:man2man-english:20190604091121j:plain

次に宿泊する場所に門限があるかどうかもポイントになります。夜間に出かけることはあまりないかもしれませんが、門限があると留学中の行動は全て制限されることになります。

門限があると夜に出かけることもできなくなり、留学生活を満喫することができなくなる可能性があります。また、門限を厳しくしているのは、現地の治安が悪いからというケースも多いです。門限を3回を破ると退学になる語学学校などもあります。

 

4.立地条件と治安はどうか?

f:id:man2man-english:20190604091654j:plain

語学学校の立地条件も大切です。フィリピンに留学するといっても、場所は様々なので、立地条件も考慮しておく必要があります。例えばスーパーや街の栄えている場所が近ければ便利に過ごすことができますが、なかには車で3時間も移動しなければ街に出られないという立地条件を持つところもあるのです。また治安が悪い地域なども十分に調べておくと、留学生活中に安心して生活することができるでしょう。

 

5.サポート体制はどうか?

f:id:man2man-english:20190604091810j:plain

現地で事故や病気、さらには学習に行き詰まった時のサポートはどうかもポイントです。日本人スタッフがいるから大丈夫!といった安易な考えは止めましょう。なぜなら、実際に現地で事故や病気にあっても病院の場所を教えてくれるだけの日本人スタッフ...授業のサポートを全くしてくれない...という不満をもつ留学生がたくさんいらっしゃるからです。

事前にしっかり、事故が起こった時の対応、病気の時の対応、学習が行き詰ったらアドバイスをしてもらえるのか?など確認しておきましょう。特に親子留学の場合はなおさらです。

 

 

いろいろ書きましたが、失敗する人の共通点は「費用と場所」で決める方だと思います。「安く〇〇へ行きたい!」という留学先の決め方なのですが、これは旅行先の決め方ではないでしょうか?

 

留学先を決めるのであれば最低限、 

1.留学費用は?

2.居住環境はどうなのか?

3.門限はあるのか?

4.立地条件&治安は?

5.困ったときのサポートは?

 

これくらいの5つの事は調べましょう。しかし、これら5つよりも、語学学校で最も大切なことがあります。

それは....↓

おまけ:本当は何よりも大切なもの!