フィリピン留学の品格

留学サポート係 べんたんのブログ

大学入学者の中で浪人生はどれくらいいるのか?

現在、浪人生の数は年々減少していっています。4年制大学でも約21%に減りました。

f:id:man2man-english:20190608085134p:plain

上記は、文部科学省の「平成27年度学校基本調査」の数値です。平成は31年で、今は令和元年の今は20%を下回っている可能性も否定できません。この大学入学における浪人生の割合は毎年減少傾向にあるからです。

 

浪人生の減少については、さまざまな理由があると思いますが、やはり「全入時代」と言われる「希望者全員が大学に入学できる時代」になったことが1つの理由です。もう一つの理由は日本の経済が伸び悩む中で、親御さんの経済的な問題もあります。

 

f:id:man2man-english:20190608085137p:plain

 

短期大学の場合は、もっと顕著に数字に表れています。短期大学の浪人生の割合は15%以下になっています。経営不振の大学あり、できるだけ早く生徒さんを集めたい!という考えから特に短期大学では推薦入試が活発です。

 

どんな受験が一般的なのか?

私立短期大学の入学者の割合

f:id:man2man-english:20190608094925p:plain

 

私立短期大学ではすでに62%の学生が推薦入試で入学を決めています。AO入試が22%ですから、これらを合わせると84%。ほとんどの短期大学生が一般入試を受けずに短期大学に入学していることがわかります。一般入試は14%となっております。

 

私立大学への入学者の割合

f:id:man2man-english:20190608094950p:plain


私立大学ではすでに40%の学生が推薦入試で入学を決めています。これにAO入試が110%。合わせると約50%になります。この数字は一般入試の49%の数字と互角ですね。

 

いずれ推薦入試だけの割合でも、一般入試の割合より多くなることが予想されています。推薦入試が増えてきた理由としては、「早く生徒さんを確保したい私立大学の思惑」があるのはまちがいないですよね。

 

国公立大学への入学者の割合

f:id:man2man-english:20190608095452p:plain

 

国公立大学の場合は、まだまだ一般入試が82%と高い数字をたたき出しています。さすがに国公立という感じがしますね。AO入試も2.6%推薦入試は15%ほど。

 

AO入試って何ですか?

f:id:man2man-english:20190608140334j:plain

AO入試とはざっくり言えば「書類審査と面接」だけで受験するイメージだとお考えください。

 

AO入試はだいたいこの5パターンです。

  1. 書類審査(調査書+推薦書+志望理由書など)+面接
  2. 書類審査+小論文(作文)+面接
  3. 書類審査+学力試験+面接
  4. 体験授業(セミナー)+書類審査+面接
  5. エントリーシート+面談+書類審査+面接

 

1999年に女優の広末涼子さんが早稲田大学にAO入試で合格したことが話題になったことがありました。最近は芸能人などはこのAO入試を利用して大学に行く方も多いです。

例)トリンドル玲奈さん、水嶋ヒロさん、Sexy Zoneの菊池風磨さん、一青窈さん、miwaさん(AO入試で慶應義塾大学)

 

まとめ

  • 大学入学の浪人生は5人に1人
  • 希望者全員が大学に入学できる時代(選ばなければ)
  • 私立大学はAO入試と推薦入試で50%を超えている
  • 短期大学はおよそ85%がAO入試と推薦入試で決まる
  • AO入試を考える余地はある

 

おまけ

あなたの大学は日本国内だけではありません。